So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

折り目の無かった逮捕状(湖東記念病院殺人冤罪事件の伏線) [法律エッセイ]

むかしむかし、近江の国に悪い刑事がおりました。刑事は、盗人を見ると殴ったり蹴ったりして捕まえていました。

あるとき刑事は逮捕状を署から持ってくるのを忘れていました。すると、偶然、盗人が刑事の目の前を通りかかりました。刑事はいつものように盗人を殴ったり蹴ったりして捕まえました。おまけに無理やり採尿して覚せい剤の検査までしました。

 

裁判になると盗人は、「刑事に殴られたり蹴られたりした。令状も見せられてないし、令状が出ていることも知らされていない。違法な逮捕だから覚せい剤の証拠は無効だ。」などと主張しました。

悪い刑事は、「四つ折りにした逮捕状を上着のポケットに入れていた。その逮捕状を取り出して盗人に見せた。盗人こそ嘘をついている。」と自慢げに言いました。

逮捕状は、盗人が起訴されると裁判所に差し出されることになっていました。逮捕状を見たことのある裁判官は、「では、その逮捕状を見てみよう。」と言いました。


法廷でその逮捕状が取り調べられることになりました。訴訟関係者がその逮捕状を見ると、逮捕状は、発付されたときのまま一筋の折り目もついていませんでした。


顔を真っ赤にした悪い刑事は、「思い出した。逮捕状は署に忘れていた。逮捕状は示さなかったが、盗人には逮捕状が出ていることをきちんと告知した。」と言い直しました。

しかし、悪い刑事の言うことを誰一人信用する者はおりませんでした。


その後、滋賀県警では、いざという時のために逮捕状は必ず4つに折り曲げるようになりましたとさ。

めでたし、めでたし。                                                                                  


2017-12-25 13:00  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。